大きくする 標準 小さくする

児玉語録

児玉語録5月号「ゴールとビジョン」

2019/05/08

              『 ゴールとビジョン 』その1

(令和時代のスタート、大きな目標のゴールに挑戦しよう)

 

いよいよ「令和」の時代がスタートした。

思いを込めて、大きな夢・ゴールに向けて挑戦していこう。

 

スポーツの世界では、何の競技(卓球、野球、サッカー、ゴルフ、水泳)でも

5%に入る人達は、ゴールを持っていて、自分が求めているものがある。

(今の自分では不可能だと思っていること)

ひたすらそのゴールに向かって努力し続ける力を持っている。

95%の人達にはゴールもビジョンもない。常に今の自分がベースになっている。

 

ゴールとは、目標を達成した状態の到達点のこと。

ビジョンとは、ゴールを達成したときの自分の様子をリアルにイメージする力です。

これは会社で働く企業人でも、一般の社会人でも全く同じです。

○ ゴールがないと、やっていることが有効かどうかの基準が持てない

・ 成長し続ける5%のプロも、すべてのことを知っているわけではない

・ 同じ時間内で最も大事なことに、効果的に時間を費やしているのである

 

今は何が苦手(不足)?

卓球であれば、「サーブ、3球目?」、「レシーブ?」、 「F・Hのスマッシュ力?」

企業人であれば、「お客様へ提案する能力?」、「新規事業のリーダーになりたい?」

⇒ そのためには何が不足しているか・・・という、“気付き”が生まれる

そして気付いたことに優先順位をつけて、懸命に努力する。

 

・ ゴールがあり、さらにビジョンがあれば、見えてくる情報に優先順位をつけるだけで  良いのです(全てに手を出すことは出来ないのだから)

・ ゴールを達成したいという人と、同じ目線に入ることができれば、

今まで気が付かなかったことに気が付くようになる

・ ゴールを達成するまでの一時的な結果にこだわらない

あまり敏感にならないで、くよくよしない

・ 日々、ゴールを達成した自分になりきる

現実か、イメージか。 脳はリアルに感じる方を優先させて働くようになっている

・ 信じられないほど大きな夢を、当たり前に感じられる程イメージする方が

努力そのものよりも大事である

・ イメージが人の限界です。 人は「イメージ出来ない事はできない」のです

 

○ 理想の状態をイメージできるか?

例えば、大事な試合で、9-9から得意なサーブを出して3球目F・Hで強打して勝った。

その時の理想の動きを、スローでよいから出来るか?

インカレで優勝して、皆で感動して、お互いに讃え合っている姿。

その時、自分はどのような役割を演じているか?

 

・ 理想の状態がわかれば、その動きをした時の感覚を覚えることができる

・ 今まで気が付かなかった有効な方法に気が付くようになる

 

自分が描く理想の人物のように振舞っていると、たくさんのHOWが見えてくる。

だからHOW TOを考えるよりも、理想の人になることが重要なのである。

未来を経験できると、可能性が何十倍にもなる。

 

○ なぜ無理だと感じるゴールが必要なのか?

・ 今の自分には絶対無理…だとすれば違う視点に立つしかなくなる
・ 無謀なゴールが決まると、

壁が外れ情報が見えてくる。死角が外れて新しいものが見えてきます

・ 脳は今の自分にとって大事なものだけを見るようにしている

脳は現実とイメージの差がわからないから、違うものを見るには、

脳に大事なものは「今までと違う」と認識させなければならないのです。

児玉圭司総監督

昭和35年~45年
明治大学体育会卓球部監督
昭和45年~現在
明治大学体育会卓球部総監督

(株)スヴェンソン 代表取締役会長

日本学生卓球連盟 会長

明治大学駿台体育会 名誉会長

昭和31年
世界選手権シングルスベスト16
昭和40年
第28回世界卓球選手権 日本代表監督
昭和48年
第32回世界卓球選手権 日本代表監督
昭和50年
第33回世界卓球選手権 日本代表総監督兼監督